肥満とは?
どこからが肥満?
遺伝から見る肥満
症候性肥満
性別・年齢の太り方
単純性肥満
皮下脂肪型肥満
病的肥満
肥満の原因
ストレス
運動
骨格
食文化
生活スタイル
肥満から引き起こす疾病
虚血性心疾患
がん
肝硬変
高コレステロール血症
高血圧
腰痛
中性脂肪血症
糖尿病
動脈硬化
脳卒中
変形性関節症
無呼吸症候群
ダイエット
サプリメント
ダイエットの考え方
食生活を見直す
肥満外来
部分痩せ
有酸素運動

デブ脱出大作戦

肥満から引き起こす疾病

がん

肥満になると様々な疾病のリスクを大きくすると言われています。その中でも悪性腫瘍と呼ばれる所謂がんもそのリスクの一つです。そんな肥満とがんについてお話をして参ります。

がんと言っても様々ながんが存在しますが、肥満との関係が深いがんとはどのような物なのでしょうか。アメリカの研究所の報告で肥満が年間10万人のがんを誘発しているとの驚くべき研究結果が出てきています。

そのがんの種類は子宮内膜がん、すい臓がん、腎臓がん、胆のうがん、乳がん、直腸がんなどが挙げられます。中でも子宮内膜がんは約半数が肥満が原因とされているそうです。がんと肥満の関係としては、内臓脂肪が原因とされている様です。内臓脂肪が蓄積されるとがんの発生を抑えていたホルモンが減少し、がん細胞の発生リスクが高まるなどの動きがあるようです。

内臓脂肪は筋肉と内臓の間に蓄積され、内臓の周りには血管が集中しているので内臓脂肪から発生する物質の影響によりがんのみならず様々な疾病のリスクを高めてしまうとされています。特に肝臓がんなどは元々アルコールの多量摂取などが原因とされていましたが、近年の現代社会の生活では、肝臓に蓄積された脂肪が脂肪肝へと変化し、その脂肪肝から肝臓がんに至る傾向が見られるようになってきました。

ですが内臓脂肪は皮下脂肪よりも落としやすく、増えやすいのが特徴です。日ごろ運動を取り入れ内臓脂肪蓄積を気を付けた生活を送る事によりがんのリスクも減らすことが出来るでしょう。

Copyright (C) デブ脱出大作戦 All Rights Reserved