肥満とは?
どこからが肥満?
遺伝から見る肥満
症候性肥満
性別・年齢の太り方
単純性肥満
皮下脂肪型肥満
病的肥満
肥満の原因
ストレス
運動
骨格
食文化
生活スタイル
肥満から引き起こす疾病
虚血性心疾患
がん
肝硬変
高コレステロール血症
高血圧
腰痛
中性脂肪血症
糖尿病
動脈硬化
脳卒中
変形性関節症
無呼吸症候群
ダイエット
サプリメント
ダイエットの考え方
食生活を見直す
肥満外来
部分痩せ
有酸素運動

デブ脱出大作戦

肥満から引き起こす疾病

肝硬変

肥満により内臓に大きな負荷がかかっている事はご存知でしょうか。肥満により内臓脂肪に脂肪が溜まり脂肪肝になってしまう事も少なくありません。脂肪肝は自覚症状がありませんので、健康診断などでお医者さんに指摘を受けない限り気づかないかもしれません。ですがこの脂肪肝を放っておくと肝硬変になってしまう可能性もあるのです。そんな肝硬変と脂肪についてお話をして参ります。

肝臓はそもそも身体の臓器の中でも丈夫に作られている器官でもあります。ですがアルコールを大量に摂取することにより負荷が大きくかかってしまったり、脂肪肝により中性脂肪が肝臓の大部分を占め、そのほかのコレステロールなどのバランスが取れなくなってしまった場合肝硬変や肝炎などのより重い疾病に発展をしてしまう可能性が大きくなります。

肝硬変の主な症状は疲れが一日中残っており、日中は身体が重たく元気が出ません。そして夜の睡眠も熟睡が出来なくなりますので、眠気が取れなくなります。さらに肩や首が凝る様になり、肝硬変により肝臓が腫れる事により右のアバラ辺りが痛くなってきます。

便通も悪くなり、めまいや動悸手のひらが黄色化し、手足が冷える様になります。このように身体全体に影響を及ぼします。肝臓は、身体に取り入れた物を解毒したり余分な物を排出する胆汁を生成したりと、身体の重要な役割を担っているため、肝臓が悪くなってしまうと身体全体に影響が出てくるのです。

肝臓はダメージを受けても実際に体に異変が起こりづらく重症化してから気が付くと言った事が少なくありませんので、日ごろから中性脂肪やアルコールの量には気を付ける必要があります。

Copyright (C) デブ脱出大作戦 All Rights Reserved