肥満とは?
どこからが肥満?
遺伝から見る肥満
症候性肥満
性別・年齢の太り方
単純性肥満
皮下脂肪型肥満
病的肥満
肥満の原因
ストレス
運動
骨格
食文化
生活スタイル
肥満から引き起こす疾病
虚血性心疾患
がん
肝硬変
高コレステロール血症
高血圧
腰痛
中性脂肪血症
糖尿病
動脈硬化
脳卒中
変形性関節症
無呼吸症候群
ダイエット
サプリメント
ダイエットの考え方
食生活を見直す
肥満外来
部分痩せ
有酸素運動

デブ脱出大作戦

肥満から引き起こす疾病

脳卒中

現在周りに蔓延している疾病の中でも肥満は様々な疾病を起こしますが、比較的軽く見られがちです。ですが肥満から体内の様々な個所へ影響を及ぼすことも忘れてはいけません。肥満により脳への異常が起こる事もあります。そんな脳卒中と肥満についてお話をして参ります。

脳卒中と肥満の関係の間には内臓脂肪が関わっていきます。脳卒中は脳血管障害と呼ばれ、脳の血管が破れ出血をする疾患の事を指します。脳卒中の代表的な種類と言えば脳内出血、脳梗塞、くも膜下出血が挙げられます。

脳の血管が詰まってしまったり固まってしまう疾病です。脳の血管に異常が出ると言う事は身体全体に影響が出てくることを覚えておきましょう。脳卒中で一命を取り留めた場合でも後遺症が残る可能性があります。

身体の左右どちらかの運動神経が麻痺したり空間や状況を掴めなくなったり、言葉が上手く出せなくなったりと日常生活に大きな影響をもたらします。脳卒中の予防法としては身体に急激な温度差を与えないことが挙げられます。血管は急激な温度差により収縮を余儀なくされます。それにより血管に大きな負担がかかります。

なので、冬の時期は暖房のついた部屋から出る時は、スリッパなどを履き身体を急激に冷やさないようにしましょう。また偏った食事や過度な飲酒、喫煙も避けましょう。肥満により身体の重要な器官である脳にまで影響を及ぼす可能性がありますので、日ごろの生活から気を付けてみる事をおすすめします。

Copyright (C) デブ脱出大作戦 All Rights Reserved