肥満とは?
どこからが肥満?
遺伝から見る肥満
症候性肥満
性別・年齢の太り方
単純性肥満
皮下脂肪型肥満
病的肥満
肥満の原因
ストレス
運動
骨格
食文化
生活スタイル
肥満から引き起こす疾病
虚血性心疾患
がん
肝硬変
高コレステロール血症
高血圧
腰痛
中性脂肪血症
糖尿病
動脈硬化
脳卒中
変形性関節症
無呼吸症候群
ダイエット
サプリメント
ダイエットの考え方
食生活を見直す
肥満外来
部分痩せ
有酸素運動

デブ脱出大作戦

肥満とは?

症候性肥満

一口に肥満と言っても様々な原因が背景に存在します。一般に生活習慣が主な原因の肥満が多いですが、中にはそうでないケースも存在します。この肥満は医師の診断が必要な肥満です。そんな症候性肥満についてお話をして参ります。

症候性肥満は病気や身体の異常によって引き起こる肥満を指します。症候性肥満に部類される肥満の原因の疾患はひとつだけではありません。症候性肥満に部類される肥満の例ををまずご説明します。

食欲をコントロールする機関でもある脳の以上により引き起こる肥満を中枢性肥満と言います。脳腫瘍などの脳の異常により肥満になってしまうケースです。

次に甲状腺機能低下やインスリンの過剰分泌、ホルモンバランスの崩れにより引き起こる内分泌性肥満と言うものがあります。多嚢胞性卵巣症候群の女性の場合ホルモンバランスの乱れなどにより男性化や肥満を引き起こすケースもあります。また副腎皮質ステロイド薬やインスリンなどの薬物の副作用により肥満になる場合、薬物性肥満の部類になります。

次にプラダー・ウィリー症候群を代表とする遺伝子の染色体の異常により引き起こる肥満を遺伝性肥満と呼びます。肥満のほか手や指の奇形や成長不全などが特徴の疾病です。 大まかに症候性肥満と呼ばれる肥満の種類をご説明しました。子供の場合気づきにくい特徴を持っており、身長が伸び悩んでいたり、発育が不十分である事が肥満と伴い引き起こるケースが多いので、身長と体重の比率を定期的に確認し、成長バランスを見守ってあげる事が大切です。

Copyright (C) デブ脱出大作戦 All Rights Reserved