肥満とは?
どこからが肥満?
遺伝から見る肥満
症候性肥満
性別・年齢の太り方
単純性肥満
皮下脂肪型肥満
病的肥満
肥満の原因
ストレス
運動
骨格
食文化
生活スタイル
肥満から引き起こす疾病
虚血性心疾患
がん
肝硬変
高コレステロール血症
高血圧
腰痛
中性脂肪血症
糖尿病
動脈硬化
脳卒中
変形性関節症
無呼吸症候群
ダイエット
サプリメント
ダイエットの考え方
食生活を見直す
肥満外来
部分痩せ
有酸素運動

デブ脱出大作戦

肥満とは?

皮下脂肪型肥満

肥満になると言う事は、身体に脂肪が多くつくと言う事ですが、その脂肪のつき方にもタイプが存在します。それぞれ脂肪のつき方によって特徴が変わってきます。そんなタイプのひとつである女性に多い皮下脂肪型肥満についてお話をして参ります。

皮下脂肪型肥満ともう一つのタイプである内臓脂肪型肥満の二つに脂肪のつき方は分類されます。これらの異なる二つの脂肪のつき方を果物に例え、内臓脂肪型肥満はリンゴ型肥満。皮下脂肪型肥満を洋ナシ型肥満と呼びます。内臓脂肪型肥満は中年男性に多くみられ、ビール太りなどがその様な太り方の肥満タイプです。

皮下脂肪型肥満は内臓には脂肪はつかず下腹や太ももなどの下半身に主に脂肪がつく傾向があります。このタイプは女性に多くみられるのですが、皮下脂肪は妊娠時などのエネルギー源になりますので無さ過ぎても良くありません。

ですが皮下脂肪が代謝されずにいるとセルライトが発生しやすくなります。この皮下脂肪は取り除きにくいのも特徴の一つです。意識的な脂肪燃焼をしないと取り除くことが難しい脂肪となります。皮下脂肪とは筋肉が無い所についてしまいやすい特徴を持っていますので、改善策としては食事内容の改善と適度な運動が必要になっていきます。

皮下脂肪型肥満は生活習慣病に繋がりやすい肥満ですので、早めの改善をする事をおすすめします。過度な運動や食事制限などは必要ありません。生活のちょっとした部分を改善するだけでも時間と共に変化していきますので、長期的スパンで気になる皮下脂肪の減量を考えてみましょう。

Copyright (C) デブ脱出大作戦 All Rights Reserved